繊細なつくりを特徴とする日本食

日本の食文化の歴史において、見た目の美観や精巧さは世界的に賞賛されてきました。中でも、日本酒に添えられる肴は、お祝いの席や宴の場で欠かせない存在として、多くの人々の記憶に刻まれています。経堂では、その時々の旬の食材を豊富に活用し、五感で堪能する喜びを味わえる食事をご用意しております。

お酒とともに楽しむ絶妙な役割がある肴は、四季や地方の特色を伝えるバトンのような存在です。秋の到来を告げる栗や銀杏は、その黄金色で食卓の季節感を盛り上げます。そして、その香ばしさや甘さを一層引き立てるのは、冷えた純米吟醸のグラスです。経堂では、季節ごとの食材と和食の最適な楽しみ方を提案しております。夏には、清涼感を追求するため、鮮度抜群の魚の造りと、冷たい日本酒のペアリングが理想的と言えるでしょう。